幸せなSR


8月頭に納車した矢巾町S籐さんの’86年式1JR。

Img_4610-86-1.jpg


若いころ?乗ってたこの型のSR(’85~87年式1JR)に、どうしてもまた乗りたいという事で、NG在庫車両の中から型式指定でご購入いただきました。

約30年前の車両になりますが、いつもの通り各部キッチリ整備&追加注文カスタムで納車したのが先月の話。



年式の割にはキレイな車両だったんですが、やはりそれなりのクスミや腐食が各部にありました。 味と言えば味なんですがね~





しかし、本日一ヶ月ぶりに見るそのSRは・・・

Img_4809-9-8.jpg


Img_4810-9-8.jpg


Img_4811-9-8.jpg


各部ピカピカに磨かれており眩しいくらい! SRに対する愛情をヒシヒシと感じます。 

ホントこのSRは幸せ者ですね!

「調子もとても良いよ」と言って頂き嬉しくなりました。






話は変わって、春に群馬のバイク屋さんから直接NGに送られて来た、お客さん持込み整備の500SP。

Img_4144-500sp.jpg


やっと部品も揃い始め、手をかけ始めましたよ。・・・って今更か~い!



画像では綺麗に見えるけど、各部のサビは深刻で、Fフォークインナーチューブなんかはボロサビで使い物になりまへ~ん。
もちろん新品交換です。一本約2万円・・・ワオ!

加速ポンプ付きの純正VMキャブや各ワイヤー・ブレーキも完全に終わってます。



タンクとシートを外してみると・・・

Img_4720-500sp-2.jpg

・・・土です。



とりあえず洗車しました。

Img_4725-500sp-3.jpg



スプロケ、チェーンはこの通り。

Img_4767-500sp-6.jpg

外したチェーンは今にも土に帰りそうです(笑)

Img_4791-500sp-8.jpg







・・・キレイになりました!

Img_4769-500sp-7.jpg





あまりにも動きの悪いスイッチをバラすと・・・

Img_4773-sw-1.jpg

ううう~、ここにも土・・・ これじゃ~マトモに動くはずないよね!



分解・清掃・グリスUPで

Img_4779-sw-2.jpg

キレイになりました~ 動きもバッチリです!





当時モノ2J2マフラーを外すと・・・

Img_4781-500sp-9.jpg

中からサラサラと茶色い砂の様な粉が・・・



Img_4786-500sp10.jpg

しかもトントンすると永遠に出続けます(笑)





エアクリーナーボックスのカバーを開けると・・・

Img_4726-500sp-4.jpg

空っぽでした~   

・・・ハァ~



完全復活への道のりはまだまだ続きそうです。


群馬から遥々岩手に嫁いだ500SP・・・幸せなSRになれる様にNG店主ガンバリマス!

スポンサーサイト
[ 2015/09/09 00:41 ] 修理 | TB(0) | CM(2)

ツーリング途中の大学生

今日の夕方、北海道ツーリングへ向かう途中の大学生(東京から)が来店。

何やら、この雨で濡れたマンホールにフロントタイヤをすくわれ、勢いよく転倒しハンドル・レバーが曲がってしまったらしい。

早速診断・・・確かにノーマルのハンドルは曲がってしまってます。。。
結構な衝撃だったと思いますが、その割にはハンドルストッパーのダメージはそれほどでもありませんでした。

とりあえずグンニャリ曲がったブレーキレバー(在庫あるもん!)を交換して、フロント周りのボルト類を全て緩めて歪みを取って行きます。
・・・が、なかなか歪みが取れません! 多分、Fフォークインナーパイプの曲がり、アンダーブラケットの歪みも少なからずありそうです・・・。

これから北海道に向うと言うのでちょっと心配でしたが、とりあえず真っ直ぐ安全に走れる様に、出来る限りの応急処置を行いました。
東京へ戻ったらちゃんと修理するんだよ!!

Img_2238-8-9.jpg

NGを出発する頃にはすっかり夜!
しかも雨・・・明日の予報も雨・・・

深井君、NGに寄ってくれてありがとう。 何かSRで困った事があったらいつでも連絡下さい。
わたくしNG店主で良ければ力になります! (なれるかな?) 
それでは道中無事を祈っております。 

いや~、若いってイイね~。 ガンバレ若人!!



[ 2014/08/09 23:08 ] 修理 | TB(0) | CM(0)

摘出手術~車検!

相変わらず寒い朝でしたが、今日も車検に行って参りました。

車検コース途中で一枚「パチリ」

Img_0487-2-12.jpg

・・・やっぱり雪上にバイクって変だよね?

SR用のタイヤの中ではでグリップの良いブリヂストンのBT45も、雪の上では全く歯が立ちませ~ん!


実はこのSR、検切れ状態で昨年末にに冬季保管としてお預かりし、トラッカーカスタムからノーマルに戻しながら各部をフル整備&車検取得までの依頼でした。
なので、外装はノーマルでも寸法が変わるので構造変更検査(何の問題も無く一発合格!)になりました。


・・・で、この車両の先日の話なのですが・・・各部の整備もほぼ終わり、エンジンオイルを交換するために暖機中の事。
かなりオイルも暖まって来た頃にクランクケース右側(クラッチ側)から、「チリン カランカラン・・・」
と不規則に小さな金属音(小さなワッシャーか何かがクランクケース内で遊んでいる様な音)が聞こえて来ました!
本当に小さな音で、爆音マフラーなら聞こえてなかったかも・・・ましてや走行中なら全く気が付かないだろうな。

直ぐにエンジンを止め、お客さんへ連絡。後日お店に来てもらい、一緒に確認してもらう事に!

そして数日後、お客さんと一緒に再度エンジン始動・・・しばらく暖機。なかなか音がしてこない!
「いざ症状を確認しようとすると、なかなか出ないものですよね~?」何て言いながら10分、15分立ち話していると、
「チリン カラン チリン カランカラン」 やっぱり鳴りました~! 2人で確認。

ちなみに私NG店主、クランクケース内からこんな音は聞いた事は今までありません!!

お客さんの確認も取れたという事で、クランクケースカバーを開けて異音の原因を探ってみる事に!

Img_0352-ion-2.jpg

マフラーやキック・ステップ類、そしてケースカバーのボルトを全て外し、ショックレスハンマーで「コンコン」とカバーを叩きながら外します。



Img_0354-ion-3.jpg

はい、外れました~ が、何か変!?・・・何と、2ヵ所に入っている筈のダウエルピン(位置決めピン)が片方ありません。

やっぱり思った通り先客ありですな・・・確実に! と、外したケースカバーをよく見ると、何やら小さな金属片が2つ。

Img_0355-ion-4.jpg

Img_0358-ion-5.jpg

まるで銀歯の詰め物が外れたみたいなアルミ片(5~10mm)が2つ。

散々ケース内で揉まれたのか、角が取れて丸くなってます。まるで「バレル研磨」したみたい!←専門用語出しちゃってすみません。


クラッチのプレッシャープレートの外周には磨れた跡がクッキリ。

Img_0359-ion-6.jpg

このアルミ片が何処から来た物なのか?他に破片がケース内に残っていないか隈なく確認しましたが、何も見つからず・・・

一応念の為、滅多に外す事のないストレーナーカバー内も確認。
多少切粉やガスケットカスが多かったくらいで、特に目立つ金属片は見つかりません!

Img_0406-ion-8.jpg

外したからにはキレイに洗浄。もちろんガスケットも交換です。

Img_0411-ion-9.jpg


クランクケースの方もキレイにガスケットを剥がし、オイルストーンで面を出し、新品のガスケット、足りなかったダウエルピンもキチンと組み込みカバーを取り付けます。

Img_0414-ion-10.jpg

新品のエンジンオイル、エレメント(お客さんの希望でZOILも投入←これ正解!)を入れて完成。
エンジン始動、十分に暖機するももちろん異音は全く無し! おめでとうございます。手術大成功です!

・・・という事で、本日無事に車検が取れたというお話しです!


で、肝心の「あの2つのアルミ片は何処から来たのか?」ですが・・・
あくまでも私の推測(いやっ、多分当たってる)になりますが・・・知りたい方は直接私に聞きに来てください!(笑)
だってここで説明するの面倒なんだも~ん!!


どちらにしても、クランクケース内の各ギアやカムチェーンに噛み込む前に発見・摘出出来てホントに良かった~

「もし走行中に噛み込んでたら」・・・と考えるとゾッとしますね!
確実にエンジンは逝ってたでしょうし、もしかしたらライダーまでも・・・いや~怖い!!

みなさんのSRは大丈夫ですか? 異音してません?


[ 2014/02/12 23:58 ] 修理 | TB(0) | CM(0)

トルク管理

お客さんからのSOSの電話!
「オイル交換をしようとしてフレーム側のドレンボルトを締め過ぎてしまい、締める事も外す事も出来なくなってしまった・・・」との事。(クルクルとネジが空回り)


で・・・難儀して外したドレンボルトがこれ!(写真左)  ちなみに隣りは新品ボルト。

Img_8703.jpg

ネジは伸びきり先端はネジ山すらありません!いや~ホント外れて良かった~。

フレーム側はリコイル覚悟でしたが、タップでさらっただけで何とかネジ山復活!!
ストレーナーも外し、切粉もキレイに排出し修理完了!

みなさんもご自分でオイル交換される方は、くれぐれも締め過ぎにご注意ください。
出来ればトルクレンチを使い、毎回ドレンワッシャーも交換しましょう!!



[ 2013/07/09 22:44 ] 修理 | TB(0) | CM(0)