続・県外から持ち込まれたSR


えーと、どこまで書きましたっけ・・・?

あっ、社外バックステップのチェンジペダルのとこまででしたね。


これからまだまだ続きますんで(かなりな長文)、覚悟してお読みください~



なんとかフロント周りを終わらせ、怪しさ満点のリア周りに入ります。(ここからが本番でした・・・)

2017-09-16-1.jpg


ちなみにちょっとだけ試乗した時の感想に戻ります。

リアには高級なオーリンズサスが装着されておりましたが、ゴツゴツした乗り心地(でもフロントはポヨンポヨンね!)で、ギャップを拾うとお尻を突き上げられる感じ・・・さらにスイングアームもちゃんと動いてない様な・・・

で、キャブはFCR(37)が入ってるわりに加速が鈍く、トルクが無い(力が無い?)様な・・・「セッティングが出て無いのかな?」と思ってました。。。




先ずはスイングアームシャフトから

2017-09-16-2.jpg


怪しいですよね~



ナット緩めてみても

2017-09-16-3.jpg

ん~、やっぱり怪しい。



プラハンでシャフト先端を叩いてみるも、ピクリとも動きません! 久々のガッチリ固着車両の様です。


いつもの様に、あるとあらゆる所からラスぺネぶっかけて(浸透させて)、ナットにインパクト掛けて少しずつ左右に動かして行きます。

2017-09-16-5.jpg

(大阪の師匠・モーターワークスイマムラ方式ね!)


が、しか~し、 ななななんと、数回インパクト掛けた時点でスイングアームシャフトが折れてしまいました!(汗)

2017-09-16-4.jpg

もちろんこんな事はNG史上初!


しばらく呆然としてしまいましたが、悩んでいてもしょうがないので、とにかくラスペネ攻撃の手を緩めず、残った反対側のシャフトにインパクト掛けて、
ちょっとでも動いたら(チョットしか動かない!)プラハンで叩き戻す作業をひたすら繰り返し・・・



2017-09-16-6.jpg

翌日には、ヤットコサ抜けましたぜ~ イェ~イ!!


ラスペネ様様! イマムラ様様! ですね~


いや~、でもこんだけ難儀するの何年ぶりだろ???

もちろん折れたシャフトをはじめ、ブッシュ・ベアリング・シール類は全て使い物になりまへ~ん。



2017-09-16-9.jpg

ボロボロに錆びたローラーベアリングも、ぶっ壊しながら、プーラーにスライドハンマー付けて引っこ抜きます。

2017-09-16-10.jpg

2017-09-16-11.jpg



で、全てのパーツ新品に交換!

2017-09-16-12.jpg

はい、この辺の純正パーツは常に在庫しちょります~ ←さすが~SR専門店!



ちなみに、アーム外したフレームの内側や、エンジン後部の汚れも相当なもんでして

2017-09-16-7.jpg



もちろん頼まれてもいませんが、どうしてもキレイにしちゃいます~

2017-09-16-8.jpg

お陰で気持ち良~く(私が)スイングアーム組めました!!



ハイ、まだまだ続きますよ~ 笑





グリース(だけ)はギットギトに入れられたと思われるハブクラッチ。 (はみ出たグリースは拭き取りましょうね!)

2017-09-16-13.jpg

予想に反せず、クラッチ部はガタガタでして

お陰で、チェーン、スプロケットも使用限度超えてます。


それにしても酷い汚れです。



で、外した前後のスプロケットの歯数確認してこれまたビックリ!!
なんと、フロントが16T(これは普通か)、リアが41T。。。

キャブがFCRだからと言って、エンジンはノーマルの400にですよ!!

あり得ないくらいハイギヤード化されてます。

ウチだと排気量が500以上で、尚且つキャブ等チューンしてる人でも滅多に無いロングなギア比。

そう、これが加速が鈍い原因だったんですね~ 全くFCRの加速感無かったもん!(笑)


お客さんにこの事を伝え、400にFCRだとウチで良く出す16T-44Tに歯数変更。(500純正歯数ね!)

ちなみにお客さんは、以前地元のバイク屋さんでチェーン・スプロケ交換されたそうです! ←どんなバイク屋さん???



2017-09-16-14.jpg


ハブクラッチ内部

2017-09-16-15.jpg

汚れたグリースで解りずらいけど・・・



拭き取ると、

2017-09-16-16.jpg

バッチリ段差(減り)を確認出来ますね!



ハブ本体もトコトン綺麗に洗浄

2017-09-16-17.jpg

同じハブとは思えないくらいキレイでしょ!

本体もそれなりに減りはありますが、グリース(だけ)は入ってたのが幸いか、なんとか使えるレベルです。



2017-09-16-18.jpg

こちらもほぼほぼ総取っ換えなんで、純正パーツの部品点数だけでも相当なもんです! もちろん全て在庫品。←はい、さっすが~



2017-09-16-19.jpg

いつもの様に、新品のハブクラッチには、新品のスタッドボルト。 もちろんネジロックは必須です!



2017-09-16-20.jpg

で、新品の44T(520)スプロケットに新品のロックワッシャー3枚。



2017-09-16-21.jpg

しつこい様ですが、新品のハブクラッチ内面には段差はありません。



2017-09-16-22.jpg

XTのOリングにデイトナのハブダストキャップ装着で完ぺき!



ふ~、やっと終盤に差し掛かって来ましたよ~ もう一踏ん張りです。




リアドラムブレーキ

2017-09-16-23.jpg

ダストの逃がしミゾ?が切られたブレーキシュー


・・・はどうでもよくて、問題はシュー(ライニング)残量。

2017-09-16-24.jpg

完全にアウト~!!



ブレーキカム(シューと接触する部分)にはべっとりグリース塗られてましたが

2017-09-16-25.jpg

肝心な軸の部分がこれじゃ~ね~・・・


今年7月に持ち込まれた(車検整備した)、県外ナンバーのSRも正にこんな感じでしたね!


ちっと前に地元のバイク屋さんで、リアブレーキのO/Hしてもらってたらしいんですが・・・


そのバイク屋さんは、カムの軸にグリース入れたり、限界まで減ったシューは交換しないんですね! 全く持って???


もちろん、キッチリ清掃&グリースアップし、新品シューに交換。

新品なんで多めに面取りしときましたが、、、ミゾは切ってません!(笑)




そして、メーカー出荷時設定のまま。。。と思われるオーリンズのリアサス

2017-09-16-26.jpg

そのままだと硬いので、再セッティング。



最後は汚れの酷かった(しかもいつ交換したかも分からないそう・・・)エンジンオイルとエレメント交換。(もちろんワコーズ・トリプルRね!)

ドレンワッシャーも適当なモノ使われて、ドレンボルトもキツク締まり過ぎ・・・

マジで壊れるかと思いました!(笑)


タペット音もそれなりに出ておりましたが、ご予算の都合で次回に持ち越し。

でもオイルをトリプルRに換えただけで、相当静かになりましたよ!

ふけ上がり、ミッションの入りも別物になりました!!



2017-09-16-27.jpg

全ての作業を終え、試乗コースへ


ん~、最初に試乗した時とは全く違う乗り物になりました~!笑


これでやっと、本来の社外キャブ・マフラー・サスの性能をフルに発揮できると思います。

ミッションの入りも良好。フロントはキッチリ踏ん張り、ブレーキもガツっと掛けられます。
スイングアーム&リアサスはちゃんとストロークしてショックを吸収。
加速もバッチリ。フラつき・バタつきも無く、スムーズなハンドリング。

こうなると(これが本来の姿ですが・・・)ますますSRが楽しくなって、手放せなくなっちゃうんですよね~


Sさん、納車お楽しみに~



いや~、でもまだまだこんな危険な状態でSR乗ってる人、沢山いるんだろうな~

一刻も早く、一台でも多く救出したいNG店主です! 

事故ってケガしたり、廃車にしてしまってからでは遅いですからね!



ハ~、やっと終わった。

おしまい。。。
スポンサーサイト
[ 2017/09/17 12:44 ] 整備 | TB(0) | CM(2)

県外から持ち込まれたSR・・・


県外から整備依頼で持ち込まれたSR400(3HT)

持込み当初は、「軽く点検して悪い所は整備してほしい…」 と言う依頼でしたが・・・


出るわ出るわの危険箇所?怪しい箇所?のオンパレードでしたので、2回に分けて(とても一度じゃ書き切れない!)行こうと思います~

あっ、ちゃんとオーナーさんから了承得てますからね!(笑)




いつもの様に、先ずは外観チェック&試乗です。

・・・で、怪しい所?を沢山発見! (いっぱいあり過ぎるのでここでは省略) 

オーナーさんに伝え、早速整備開始です~




先ずはフロント周り

2017-09-14-1.jpg

サクサクっとバラして行きます。。。



2017-0914-1-2.jpg

ちなみにメインハーネスは左側から無理くり通ってました。



2017-09-14-3.jpg

ハンドルストッパーは錆びたプラスネジで止められていて、外すのに難儀しました!



もちろんこの辺はサービス?でハーネスの取り回しや、ちゃんとした六角ネジに直しときましたよ。




試乗した時のフロントフォークの動きは、柔らかいんだけどポンポン跳ねる感じがして、やけに落ち着かなかった印象でしたが・・・

2017-09-14-2.jpg

やっぱりですね!

出て来たオイルは比較的キレイな(多分ヤマハ純正10番)オイルでしたが、スプリングはノーマルのままで、しかもオイル量はかなり多めでした。


こちらの車両にはリアサスにオーリンズが装着されてますので、バランスを取る為にも(リアサスを生かす為にも?)当店お勧めのハイパープロ製のフロントフォークスプリング&オイルに変更。

ちゃんとお客さんの体重聞いて油面調整しました~




ステムの動きも悪かったのでバラします。

2017-09-14-4.jpg

前回のブログに挙げたSR同様、新しいタイプのアンダーブラケットに交換歴あり。(事故歴あり?)


2017-09-14-5.jpg

旧型のボールベアリングのレースはご覧の通り!


2017-09-14-6.jpg

フレーム側を見ると、レースがはまる部分の外側には結構な打痕キズが・・・

以前にも一度ベアリングレース打ち換えられている様です。


もちろん新型のアンギュラベアリングにキッチリ打ち換えました~



その他、フレームに目をやると・・・

2017-09-14-7.jpg

メインフレーム下部にオイル漏れの修理跡が・・・




てっきり社外の電装プレートやバッテリープレートでスカチュ~ンされているんだろうと思ってましたが、良~く見ると・・・

2017-09-14-8.jpg

ななななんと、鉄板がフレームに溶接されています~ マジビックリ!初めて見ました。。。


2017-09-14-9.jpg

しかもレギュレーターのみを取り付ける為に、L型のプレートまで溶接されています。


そして何故か、バッテリーとバッテリーレスキットと思われるコンデンサーも、一緒に装着されています!(なんか意味あるのかな~?)




フレーム後部には

2017-09-14-10.jpg

社外ウィンカーの配線たった一本縛る為に、フレームに小さな穴が何か所もあけられておりタイラップ止めされています。


2017-09-14-11.jpg


ん~、全てが???

もちろんオーナーさんではなく、以前整備に出した地元バイク屋さんのしわざの様です。。。




他にも、ご丁寧にタイラップで逆(右)側に固定されたオイルラインホース・・・

2017-09-14-12.jpg

これだとキャブのスロットルとも干渉しちゃいますよね~


で、タイラップは相変わらず

2017-09-14-13.jpg

はい、ブブーーーですね!




ギットギトで、何年も清掃していないと思われるブリーザーフィルター。

2017-09-14-14.jpg

さすがにここまで汚れていると、ピストン上下の動きもチョット悪かったんじゃないでしょうか? (笑)

バンドで締まっているゴム部分は、完全に硬化してプレスチック化。 もちろん新品に交換!




ビックリする程動きが悪かったクラッチ。 良く自走で県外から乗って来れましたね!・・・笑

エンジン側のクラッチ調整用アジャストスクリューを外してみると・・・

2017-09-14-16.jpg

これまたビックリ! 締め込み過ぎ(プッシュレバーと干渉)で先端が異常に減っています!!

これじゃクラッチ重いの当たり前ですね!


お陰でワイヤーはのびのび、レバーのリンク穴はご覧の通り

2017-09-14-15.jpg

バッチリ長穴に変形しております~



にしても「ギアの入りも相当悪かったナ~」 と思い出し、動きが悪かった社外バックステップのチェンジペダル部分をバラシて見ると・・・

2017-09-14-17.jpg


2017-09-14-18.jpg

ハ~、完全に終わってますね!


メーカーも、もちろんベアリングの部番も分からない(調べれば分かるんだろうけど…)ので、
出来るだけサビ取り・洗浄して、ギッチリグリースアップしてなんとか組み込んでおきました。(動きはかなり良くなりましたよ!)



ん~、まだまだ整備箇所はあるんだけど・・・


整備代いくらになるんだろ??? ちょっと怖くなってきたNG店主です~

あっ、怖いのはオーナーさんの方ですね!(笑) すんません。


・・・つづく
[ 2017/09/14 18:49 ] 整備 | TB(0) | CM(0)

いろいろあったSR


前回のブログに登場した、当店に初入庫したSR400(3HTA)の整備。。。


とりあえず整備する前に、各部作動&外観チェックです!


先ずはこれ。

2017-09-08-1.jpg

ウチに整備や車検で初めて入庫されるSRの約半数がこの状態で来るのですが。。。(特にカスタム車)

ジェネレーター側のクランクケースから出ているブリーザーホースが下向きです。←これダメね!


これでは走行中、雨水等吸い上げてジェネレーター部がサビてしまいますので、必ず上向き(シート下に収まる様に)タイラップ等で固定しましょう!





リアのアクスルシャフトに目をやると。。。

2017-09-08-2.jpg

何故か左側にアクスルナットが見えます。


右側にはマフラーがあって、そちらからシャフトの抜き差しは出来ないはず・・・ですが。。。



2017-09-08-3.jpg

なるほど、そういう事ですね! カチ上げマフラーだと抜けるのね・・・笑





Rブレーキペダル。。。

2017-09-08-20.jpg

ブレーキシャフトとスプラインの噛み込みがズレてます・・・





その他ハンドルステムはコキコキ動きが悪く、Fフォークはスカスカ、各レバー・ワイヤーの動きもギシギシで、スロットルの戻りも悪く大変危険です。

そしてエンジンからは結構なタペット(カチカチ)音。。。



こちらの車両にはキャブ・マフラー共にヨシムラ製のレーシングタイプが装着(結構お金掛かってます)されていましたが・・・
気持ち良く走行出来て無かったんではないでしょうか???



ちなみに私も整備前にちょこっと試乗さて頂きましたが、スロットル開けるのも、ブレーキングも、Uターンするのもギクシャクして、やはり乗りずらかったですね!←Yさんすんません!






ではフロント周りから。


スカスカだったFフォーク

2017-09-08-18.jpg


出て来たシャバシャバオイル。 しかも少ない・・・もちろんスプリングも少なからずヘタっている事でしょう。 
スカスカの原因ですな!


こちらは当店お勧めのハイパープロ強化スプリング&オイルに交換。

Yさんの体重を聞き、ハンドルポジションとの兼ね合いを考慮して、油面を調整。





外したコキコキステム

2017-09-08-4.jpg

新型のアンダーブラケットに交換(事故歴あり?)されておりましたが、ベアリングは旧型のボールベアリングのまま。

もちろん新型のアンギュラベアリングに交換。




ハンドルは一文字タイプから、コンドルハンドルに交換されましたので、薄手のハンドルストッパーを追加。(画像無し…)

そのままハンドルロック掛けられるように、フレーム側のハンドルロック穴をリューター使って長穴加工。

2017-09-08-19.jpg


これでハンドルロックもバッチリ掛けられます!





続いてリア周り。

ハブクラッチ

2017-09-08-5.jpg

どう見てもグリスっ気全く無いですよね?

2017-09-08-6.jpg

案の定でした!

今まで一度もグリースアップされた事は無かったんでしょう。

・・・にしては、走行距離も少なかった事もあり? 各部の減りは最小限。

キレイに清掃し、ストッパー交換とOリング組込みでなんとか復活!





スルッとまでは行きませんでしたが、少しジャリっとした感触で抜けて来たスイングアームシャフト

2017-09-08-7.jpg


2017-09-08-8.jpg

幸いシフトのサビは最小限で、ペーパーで軽く均して再利用可能。

ブッシュも画像の通り、奇跡的に段差も無く状態は良好!


但し、左(サイドスタンド)側のスラストベアリングと

2017-09-08-9.jpg

珍しくシムが二枚も入ってた!


同じく左側のベアリングカバーの状態は悪く

2017-09-08-10.jpg


ひび割れた左右のオイルシールと共に

2017-0-08-11.jpg


新品交換と相成りました~



こちらの車両は社外マフラーの都合もあり、センタースタンドが取り外されておりましたので、普段はサイドスタンドのみの使用。

どうしても左側に傾いて駐車しますので、そちら側に雨水等溜まり、サビが発生しやすいですよね!

私、個人的にはセンタースタンド、又はレーシングスタンド等を使い、出来るだけ水平に駐車する事をお勧めします。
(特に野外で雨等の影響を受けやすい方。)



予算の都合で、Rサス交換は次回に持ち越しとなりましたが、これで安心して社外サス入れられますね!





そしてそしてバルブクリアランス&カムチェーン調整

IN側

2017-09-08-12.jpg



EX側

2017-09-08-13.jpg


やはりどちら側もクリアランス上限超えてますね!



2017-09-08-14.jpg

アジャストスクリュー表面は減り・虫食いも少なく再利用。


イン側、EX側共に出来るだけクリアランス下限を狙って調整。

締まり過ぎのカムチェーンテンショナーカバー(笑)も外し、キッチリ調整。


とっても静かなエンジンになりました~





そして最後は各部レバー・ワイヤーのグリースアップ。

全くグリスっ気無いワイヤーに一本づつワイヤー専用グリースを注入して行きます。


ってか今まで車検や整備に出してたバイク屋さんは、この辺全くグリースアップしないのね?

当店では、車検持込み時は全てのレバー・ワイヤー・その他可動部のグリースアップ・注油はサービスですけど。。。



これにて各部の整備は終了です~ (細かい所は他にも沢山あったけど・・・)





整備には関係無いですが、最後にワタクシNG店主からのお願い。


今回の車両に限った事ではないのですが・・・

各部カスタム時に、パーツの固定や配線を束ねる時などに良く使われるタイラップ(結束バンド)

2017-09-08-21.jpg


2017-09-08-22.jpg

この様に少~しだけ頭を残してカットされてる方をよく見ますが。(しかも斜めに切ってあったりもして。。。)



この、残った部分が刃物と化して、作業中の手や腕に切り掛かって来るんです~笑 ←いやっ、笑い事じゃない!

タイラップの材質が金属ではなくナイロンだからと言って侮ってはいけません。(マジでスパッと切れるよ!)

作業中は無意識に車体やフレームの奥に手を突っ込んで作業したりしますからね・・・ホント危険なんです。

2017-09-08-23.jpg


2017-09-08-24.jpg


キッチリ根元でカットして、間違って手が触れても怪我しない様にしましょう~


今まで何度もブログに書こうとして、いつも忘れてしまってたんで、この機会に!!



何度も言う様ですが、今回の車両に限った事ではないので、みなさんもお気を付けて!


以前、他店でカスタムされたと言うお客さんのSRでも、結構この「タイラップ適当カット」はありましたので、

もし、もしですよ。 このブログを見られているバイク屋さんやショップさんがありましたら、お互い気を付けて作業しましょ~

[ 2017/09/08 13:37 ] 整備 | TB(0) | CM(0)

週一車検


数日雨の日もありましたが、相変わらず良い天気、、、というか暑すぎる日が続いておりますね~

毎日作業場で汗だくになって仕事してますです。



最近車検は週一ペース。

私には丁度良いペースですね!


ただ・・・一週間ほど腰の調子が悪く、昨日整形外科を受診して参りましたが、もちろん骨には異常は見つからず。。。

飲み薬を処方され、一週間~二週間は出来るだけ安静にして下さいとの事。。。む、難しいけど頑張ってみます。



先週の車検はY君ロッカーズSR

2017-07-07-1.jpg


車検整備はキッチリ&テールランプ交換のご依頼。


2017-07-07-2.jpg

はみ出ていたスイングアームシャフトのオイルシール交換。

幸いブッシュ・シャフト・ベアリング類はO/Hのみで再利用可能でした!


車体を倒してしまってからアクセルの戻りが悪かったらしく、そこも修理。

2017-07-07-9.jpg

割れてしまったアクセルホルダーの交換ね!


その他、キッチリ整備させて頂き

2017-07-07-4.jpg

車検はバッチ合格!


2017-07-07-5.jpg


変更したテールランプもバッチリバランスええですね~


各部の調子を見る為に、しばらく試乗しましたが、相変わらず強烈なセパハンポジションで、腕・首・肩・腰が・・・
あっ、これで腰やっちゃったのかな~?笑





今週の車検は県外ナンバーのこちらの車両。 

2017-07-07-6.jpg

今年から盛岡に転勤になったと言うお客さんです。

他県で購入、カスタム(結構お金掛かってますね)された車両の様ですが、各部の作業?整備?が・・・

これはチョット・・・と言うカスタムヶ所や整備ヶ所、そして危険ヶ所がいくつかありました。

ここではあまり書けませんので、本人にキチンと伝えたいと思います。
・・・って言うか本日引き取りに来られましたので、既に伝えました!(笑)

で、早速試乗してもらいまして、、、結果、非常にビックリされ喜んで頂きました~



今回の車検・整備では予算の都合もあり、完璧とまでは行きませんでしたが、気になる所や危険ヶ所はかなり潰せたと思います。

2017-07-07-8.jpg

車検を受けるにあたり、少々怪しい箇所もありましたが何とか合格!

あっ、久々にモン兄に先越されました。。。



しばらく盛岡勤務が続く様ですので、これからじっくり時間を掛けて整備して行きましょう~ (もっともっと良くなりますよ!)

毎回感じる事ですが、、、「カスタムする前にキッチリ整備!」。 これに尽きますな!



NGトイレに貼ってある、行きつけ焼き鳥屋の盆栽カレンダー
今月にはこんな言葉が・・・

2017-07-07-7.jpg


ごもっとも! 精進します~
[ 2017/07/07 16:52 ] 整備 | TB(0) | CM(0)

修理・整備・カスタム等々


先週の真夏の様な暑さも一段落?した、どんより曇り空の過ごしやすい岩手・雫石です。

この一週間も修理・整備・カスタム等でバタバタの一週間で御座いました。



全部が全部じゃないけど、画像ある分で・・・


先ずはこちら

0527-1.jpg


この春、量販店で新車を購入したというT君のFI・SR。

納車後、一週間で握りゴケしてしまい、2~3週間前からNGに入院しておりました!


残念ながらフロントフォークのインナーチューブは左右とも曲がり大で、あえなく交換。

フレームのハンドルストッパーにもそれなりに損傷がありましたが、アンダーブラケットの歪みは最小限で何とかそのまま使えました!


フロントフォークを全バラし、新品のインナーチューブを組む前に・・・

長~い棒にウェスを括り付け

0527-2.jpg

奥まで挿入~


で、引っこ抜くと・・・

0527-3.jpg

はい、ご覧の通り!!


新品パーツでもそのまま組んだらダメなんですよ~(笑)



修理、、、と言いながらウチに持ち込んだ理由は、ただ一つ!

壊れた所を治しながらカスタムしたいから!!


フロントフォークには、そのままハイパープロの強化スプリング&オイルがぶち込まれました~


フロントサス強化に伴い、リアはデイトナ・ショーワ製のサスでちょこっとグレードアップ!

0527-5.jpg


壊れてしまったメーターやライト周りも修理しながら、サラッとカスタム。

0527-4.jpg


フロントフェンダーはスティンキー製のスタビ付きアルミフェンダー

その他、ウィンカーやテールランプも・・・


修理・カスタム後、本人に試乗してもらいましたが、サス交換後の安定した乗り味に満足しておられました。

先にサス入れてたら、握りゴケも無かったかもね!(笑)


これからもNGをよろしくです~




こちらは毎度毎度のBSA-SRのS郎くん

0527-6.jpg

毎回いろいろと問題?のある車両ですが、今回は?今回も?・・・オイルタンクからの滲み。


特殊な部品で組まれてますので、その部品?、はたまた代替品?を探しに、ホームセンターはもちろん、部品屋、工具屋なんかを駆けずり回り。。。

大阪や九州福岡なんかにも電話しまくり情報を集めておりますが・・・


もう暫くお待ちください。。。ツーリングに間に合うかな???





こちらは昨年納車した、水沢の千○さん初期型SR500

0527-6-1.jpg

前後の足回りグレードアップ&マフラー交換で入庫です~


こちらの車両もフロントがハイパープロの強化スプリング。


リアは昨年から検討されておりました、ナイトロン!

0527-9.jpg

ほんっっっとに良いサスなんで、満足して頂けると思います~

逆側なんで解りずらいですが、サススプリングが干渉しない様に、チェーンケースはシムズクラフト製に変更。


0527-7.jpg

私も大好きなインディゴ?インジゴ?ブルーのSRに、ターコイズ&ゴールドカラーのナイトロンが映えますな~

そしてマフラーもノーマルルックにバッチリな、こちらもシムズ製。 なんの説明も要りませんね!




と、そこにナイスタイミングでオイル交換に現れたのは

0527-8.jpg

同じくナイトロンサスにシムズマフラー&チェーンケース装着のS村さん!


0527-10.jpg

こちらのナイトロンはブラックスプリングにシルバーカラー仕様。


せっかくなので、そのまま並んでパチリ!

0527-11.jpg


良いっすね~

ちなみに、ちなみになんですけど・・・どちらもフロント19インチですっ!!
[ 2017/05/27 18:19 ] 整備 | TB(0) | CM(0)